04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大空ドライブ・白川郷の夜景

2013年 03月01日 16:46 (金)

皆さんこんばんは

昨日買った三国無双7に夢中の玉子です

さて、本日のお話ですが
先日の火曜、水曜と岐阜県は白川郷へ行って来ました~

D600を買って年末から狙ってましたが
全くもって晴れる日に当たらず
やっとの思いで少し天気の良い日がきたので
ブッコンで来ましたよ

では、撮ってきた写真をいつものようい並べていきたいと思います
ぷっぷ~

DSC_1604.jpg

DSC_1609.jpg
まずこちらは白川郷から富山方面に少し走った所にある五箇山です
規模こそ白川郷よりも小さいですが
こちらの方が田舎感があって良い部分もありますね
次はここの夜景を狙ってみたいと思っています

DSC_1616.jpg

DSC_1620.jpg
こちらは言わずと知れた白川郷
相変わらず逆光に好かれる男ですが
今回は例のDXレンズで高台から望遠で撮りました

高台から望遠で撮っている人を結構見かけますが
撮ってみてこれはこれで良いものだと思いましたね

DSC_1695.jpg

DSC_1696.jpg
お楽しみは後にして
とりあえず高山市内で撮った写真を先に載せてしまいます
街中の写真は結構過去にも載せたので
今回はちょっと違う感じの物を撮りました

では今回の目玉!
高台よりの白川郷の夜景です
DSC_1658.jpg

DSC_1662.jpg

DSC_1678.jpg
時間を追うごとに美しくなっていく景色
夕方から夜にかけては観光用に障子明かりを灯してくれるので
幻想的な雰囲気になってくれますね

上2枚は焦点距離20mm
一番下は14mmで撮りましたが
全体像としてどちらが良いでしょうかね~~
白川郷、山と空どちらも平等に撮るなら20mmでしょうが
広大な空と山の中にある小さな集落感は14mmの方が良さそうですね
う~~ん
難しい~~

写真は以上ですが
やはり白川郷は美しいですね~
今回は地味に雲が掛かって来て
完全な晴天では無かったので
星があまり見えませんでした
いつかは星も夜景も全て撮るチャンスが巡ってくることを待つばかりです
スポンサーサイト

生まれて初めての撮影

2013年 02月21日 20:01 (木)

皆さんこんばんは

最近友人のススメでパズドラを始めた玉子です
意外に面白いっすね

さて、本日のお話ですが
先週の水曜日に秩父までドライブに行った話を
先日の日記にもあげました

次回予告でも書いた通り
今回は人生初の撮影
そう!走っている電車撮影! 
を心見ました~~~~~~~~

撮影場所は知っている人は知っていると思いますが
秩父三峰神社に行く途中の国道140号から少し入った
道の駅あらかわ
この道の駅は線路のすぐ側にあって
実際の撮り鉄の方々から見たらどうかは分かりませんが
望遠レンズを持っていない自分にとっては
近場で電車を撮れるスポットなのです

しかしながらこの側を走る秩父鉄道は本数が少ない
細かなダイヤは忘れましたが
どうやら1時間に1本くらいしか走ってないようで
電車を撮るとなると登り線、下り線を考えて
30分に1回しか通らないのです

自分が道の駅に着いて店の中で時刻表を見せてもらったら
あと20分ちょっとで来る様子だったので
道の駅の前にある蕎麦屋で蕎麦を急いで食べて
車から三脚を取り出して、いざ撮影へ!!!!

いくつか
ここに立つかな~~??
何て場所を探して場所決めをした瞬間・・・。

カンカンカンカンカンカンカンカン
ここから一気に死闘が始まったのです・・・

やべ!電車きた!!
急いで三脚を準備カメラをセット
あ!これ登り下りどっちかを見るの忘れてた!!
え?え??どっちどっち???

もう水平など見ている時間などなく
とりあえずの位置だけを決定
うわ!上下のレバー固定してなかった!!
わわ!ズレたズレた!!
電車きた!下り線だ!

急いで置きピンをしてファインダーを覗く
キタキタキタ!!
とりあえず絞り優先オート!
後はとにかく連射や連射や!!


うおおおおおおおおおおおおおおおおお!! 
DSC_1555.jpg
DSC_1556.jpg
DSC_1557.jpg
DSC_1558.jpg
DSC_1559.jpg
DSC_1560.jpg
DSC_1561.jpg
DSC_1562.jpg
DSC_1563.jpg
DSC_1564.jpg
DSC_1565.jpg
DSC_1566.jpg
DSC_1567.jpg
DSC_1568.jpg
DSC_1569.jpg
DSC_1570.jpg
てな感じで撮ったのがこれらの写真なのですが
通り過ぎた後の電車は酷い物になりましたが
まぁ、自分的には初めての割にはそこそこ撮れたかな~~
って感じですかね

しかし大変な撮影でしたね~
いきなり側の踏切が鳴ったので
もう何もせぬまま大急ぎの撮影になってしまいましたよ

それでもなかなか楽しかったので
縦と横の流し撮りなども試そうかな~
なんて思ったりもしましたが
ここから更に30分も待つのは嫌だったので
今回はここまでにしましたね
自分てっちゃんではないっすからね

次は来月に秋田新幹線スーパーこまちがデビューするらしく
会社の人がパンフレットを持ってきたのを見ましたが
カッコ良かったので東京駅辺りにでも
撮影に行ってきたいと思っています

大空ドライブ・雪だ!そうだ秩父行こう!!

2013年 02月19日 09:26 (火)

皆さんこんにちは

日曜日に部屋の片付けをしてましたが
途中でマンガを読み始め挫折した玉子です

さて、本日のお話ですが
火曜日に高尾山に登り水曜日の休みはノンビリと過ごそう
何て事は全くなく!! 
天気予報で東京にも雪が降ると言っていて
休みの日に雪が降ると聞いて
おとなしく家にいる自分ではありません!! 


てな訳で近場の秩父までドライブしてきました
では本日も写真をどうぞぷっぷ~

DSC_1494.jpg
朝方には雪は止んでいて、爽やかな朝の名栗川です
少しだけ雲が朝日に照らされているのがキレイでしたね

DSC_1502.jpg
こちらは秩父に向かう途中の山伏峠
新雪の中を走る愛車
何だか今やっているスバルフォレスターのCMを思い出しますね

インプレッサライブ3年7ヶ月、埼玉県山伏峠
列島を襲う大型寒気の中、気温マイナス2度の峠道に挑む
新雪に覆われた斜面でもターボ搭載のシンメトリカルAWDの走りが阻まれる事は無かった
実証全方位スポーツ・インプレッサ

なんてねうひひ

DSC_1513_01.jpg

DSC_1509_01.jpg

DSC_1503.jpg
下らないごっこ遊びは置いておいて
秩父に到着してまずはあの花で登場した高台へと向かいます
坂道を登れば高台です
木々がまるで雪のトンネルの様になっていてキレイでしたね
とりあえず何となく置いてあったベンチを撮影して
高台から1枚
住宅の屋根には沢山の雪がありました

DSC_1532.jpg
西秩父の駅でプラプラしてたら
ちょうど電車が停車したので撮ってきました
何の電車かはよく分かりませんがね

DSC_1536.jpg

DSC_1535.jpg
こちらは秩父で有名な三十槌の氷柱
浅い川を挟んで氷柱が見えるのですが
これは失敗しましたね~~~
川を渡って真下位からあおって撮りたかったのですが
生憎デニムで行ってしまったので渡ることが出来ませんでした
靴は防水のアウトドアシューズを履いて行ったのですが
こんな事ならズボンもアウドドア用の防水パンツ持ってくれば良かった
とは言え実際に目にしたのは初めてでしたが
いやはやキレイなものでしたね

構図的なものは最近知り合った
あの方の方が上手いな~~
またどっかでチャレンジしに行くかな

そう言えば氷柱の写真を撮っていたら
5~6人の一眼レフ軍団が現れましたが
その人たちが「今日はラッキーな日ですよね。いつも来て撮っているんですか?」
などと言われましたが
いつも行けるほど近場ではないですし
何がラッキーなんだったのでしょうね~
DSC_1543.jpg
三十槌の氷柱まで来れば三峰神社はもう目と鼻の先
だいぶ前にこちらでお守りを買いましたが
古くなってきたので新しいのを購入しようと
愛車は神社へと向かう峠道をひた走ります
雪はだいぶ無くなってきてましたが
油断をするとアイスバーンなどがあるので
慎重かつ大胆に登って行きます

てか、俺の車カッケ~~~~

DSC_1545.jpg

DSC_1547.jpg
使い勝手としては悪く
あまり登場の機会がない14-24の大三元もここで初登場
クソ逆光でゴースト、フレアは出てますが
やはりこういった場面での描写力は半端ないっすね~~~~
広大な山々を更に広大にしてくれて
見ててウットリしますよ

その後は三峰神社で古いお守りを返還して
新しいお守りを購入
降りて来てから名産の蕎麦を食べて帰路に着きましたが
実はとあるものの撮影に初めてチャレンジしました
そちらの写真はまた後日載せたいと思いますので
お楽しみに~~~~~~

・・・。
ま、出し惜しみする程の写真ではないですがね



PS
そうそう忘れてましたが
DSC_1523.jpg
あの花橋からの秩父生コンは基本ですからね

冬山頂上アタック!!

2013年 02月17日 18:57 (日)

皆さんこんばんは

最近至高のビーフシチュー制作に夢中になっている玉子です

さて、本日のお話ですが
先日ニコンのカメラバッグを買ったと書きましたが
一体全体どれくらい使い勝手が良いかを試す為に
この前の火曜日に山登りをしてきました

タイトルだけ見るとハードな感じを受けますが
まぁ、山と言っても京王線1本で行ける高尾山ですが
一応冬の山なのは間違いないですね~

てな訳で一応撮ってきた写真を載せたいと思います
DSC_1447.jpg
DSC_1426.jpg
DSC_1438.jpg
高尾山を流れる小川
シャッタースピードを考えて
水の流れる感じを捉えました

しかし、この写真撮るのが結構大変で
ハイキング用の道から少し水辺に降りないといけませんし
足場も狭いので小川に落ちないように石に手を着いたりしながら
何とか三脚を立てて撮りました
DSC_1476.jpg
DSC_1467.jpg
DSC_1459.jpg
続いては適当な木と
頂上からの風景、そして頂上付近にあった霜柱です
高尾山は雪山ではありませんが
流石に山の上の霜柱は大きかったですね
3~4センチくらいありましたよ
DSC_1480.jpg
これは地面の石をほぼ地べたに這い蹲る格好で撮りました
なんてことも無い石ころたちも
こうやって撮ると何だか味が出るもので
そんな写真を撮っていて気付いた事があり
こんな写真を撮ってみました
DSC_1487.jpg
小人達のグランドキャニオン
小生意気にも写真にタイトルなんてつけてしまいましたが
これはホワイトバランスを弄って
グランドキャニオンっぽく少しオレンジにしてみました


さてはて
写真は以上ですが
DSC_1584.jpg
肝心のこちらのリュックの使用感想ですが
使い勝手は良いですね

荷物自体は
ボディ、14-24、24-70の大三元に
DXの55-200のレンズ
それと念の為のカッパ、三脚
と、計5キロを超える荷物を入れて行きました

重いと言えばそれまでですが
背負っている感じは結構フィットしていましたし
山登り中は首にカメラを下げながらで
三脚を取り出すときもクルっとバッグを前に持ってくれば
苦労せず取れるので使いやすかったですね
これはなかなか良い物を買いましたよ

高尾山は長いコースでも90分以内には登れるので
これくらいならば良いですが
もう少し長めの距離となると
荷物の入る要領が少ないので
ちょっと苦労するかもしれませんが
そこは上手く持っていくものを工夫すれば
日帰りの山登りでは充分と言えるでしょう

三脚が欲しい場面で
少し歩くような場所にはうってつけのバッグではないでしょうかね

KATAのバッグと共にとても重宝しそうです

こんなん買いました^^

2013年 02月13日 16:49 (水)

皆さんこんばんは

持病の腰痛が坐骨神経痛に昇格した玉子です

さて、本日のお話ですが
自分はカメラバッグを2つ持っています

まずはD600と共に最初に購入したバッグがこちら
DSC_1582.jpg
KATAと言うメーカーのカメラバッグで
肩掛けで背負えるタイプなのですが
これが結構重宝する形になっていて
自分は普段左肩に掛けて背負って
カメラを取り出す時はそのままバッグを前側に持ってくれば
カバンを下ろさなくてもカメラが取り出せると言う優れものです
しかも結構アッサリと取り出せるのにはビックリ

カバン自体はそこまで大きくなく
一応3部屋に区切られてます。
自分の場合ボディにレンズを付けた状態で
その他に2本レンズが入りますが
他の小物などを入れる事を考えたら
予備レンズは1本が良いところですかね
とは言ってもD600に広角、標準大三元を入れて歩くには充分です

他にも右側に小物入れがあったり
簡易レフ板にもなる雨用のカバーがあったりと
結構便利な機能がいっぱいで
デザインもなかなかなので気に入っています

当初はこれ1つで当分いけるだろうと思い
年末に旅行に行った時も特に困った事はありませんでしたが
今年の初めに富士山に逆さ富士を撮りに行った時に問題が発生

形状を見てもらえば分かるかもしれませんが
このバッグ三脚を取り付ける位置がないのですよ
勿論分かってて買ってますし
当初は自分は車移動がメインだし
基本的に大して歩かないので
三脚なんて手持ちで充分だと思ってましたが
そこそこの距離を歩いたり
バッグからカメラは取り出し易いのに
三脚のせいで、その利便性は半減

これはガチの撮影の時に困ると
三脚が装着出来るリュックタイプのカバンを探していましたが
カメラのバッグって・・・・・
基本的にダサイよ!!!! 
このバッグを探していた時だって
何でこんなみんなダサイのばっかなんよ
デザイン、色、全てがオッサン臭い
オシャレな物もありますが
なんだか使い勝手が良くなさそうな物ばかり

で、この三角形のバッグをようやく探したのですが
続いて三脚取り付けが出来るリュックタイプを探しても
やはり同じ状態

色々探して見た結果!
良いのがありましたよ~~~~~
DSC_1578.jpg
我らがニコンとアウトドアメーカーで有名なMILLETのコラボバッグ
(愛猫も興味深々
ニコンプラザの人に聞いたところ
こちらのバッグはプロのカメラマンの意見を取り入れながら
MILLETと共同で作ったバッグで
色も黒、ピンク茶色、そしてこのターコイズブルーの5色をご用意!!
ターコイズブルーなんて最近のアウトドアの流行りの色を持ってきたところに1票
DSC_1583.jpg
大きさの比較はこの通りで
こちらのバックは中が上下の2気室になっていて
上下共にカメラやレンズもしまえますし
下の部分はショック吸収部分を外せるので
普通の荷物もそこそこ入ります

そして上下の仕切り部分も外せて
1気室のバッグにすることも出来るので
328や428、54、64だって入るみたいです
上手に使えばボディ2つに大三元
その他レンズ郡も全て余裕で入るようです

その他にも
サイドポケット4つ
上部を開けた裏側にメッシュポケット
ニコンの文字が書かれた所も2つポケットがある優れもの

そして大事な三脚取り付けは~
DSC_1584.jpg
こんな感じでサイド下のポケットに足を2本突っ込み
横のベルトで固定
ベルトはパチッ止めるタイプなので取り外しも楽々
三脚を付けるとサイドポケットが2つ死んでしましますが
これだけ収納があれば気になりません

そして勿論アウトドアリュックと同じ
胸部分のベルト、腰部分のベルトが付いているので
重量を分散させることも出来ます
胸部分だけ外してリュックを前に持ってくる事もできますね
これは非常に便利な一品です

実を言うとこのバッグを買ったのって少し前なのですが
これの機能性を試そうと
一昨日の火曜日の休みに山登りに行って来ました
そちらの写真はまた後日載せたいと思いますので
お楽しみに!!!

気軽な街歩きに最適なKATAのバッグ
三脚を持ち歩くガチ撮影に最適なニコン&MILLETのバッグ
この2つを使い分けてこれからの撮影に力を入れていきたいと思ってます


PS
ニコン&NILLETのバッグが気になって仕方ない
そんなあなたの為にこちらをご覧下さいな
http://shop.nikon-image.com/campaign/millet/index.html?cid=JDENS00503


PS2
自分本当はアウトドアメーカーは
ジャックウルフスキンが好きなんですけどね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。